飲み物をこぼしたら仕事中、パソコンを操作しながら飲み物を飲むケースは日常的な事だと思います。
そんな中で、お茶や水の入ったコップを倒しそうになり、ドキッとした事はありませんでしょうか。

パソコンは電化製品なので、液体は天敵です。
では万が一パソコンに飲み物をこぼしてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。以下の順(上から優先順位が高い)で実施します。

・すぐに電源を落とす
電気が通っている機械に液体をかけると、基盤や線でショートを起こして壊れてしまいます。
パソコンも例外ではなく、通電していなければ液体をかけてもすぐには壊れません。
シャットダウン実施後、デスクトップであれば電源線を抜いてください。ノートPCであれば、電源線を抜く事に加えて、バッテリーを取り外してください。

・ひっくり返す
電源を落とした後は、こぼれた液体を抜き出すためにひっくり返します。
パソコンの内部には基盤が存在し層になっている可能性がありますので、大事な部分に液体が到達していない可能性があります。液体がある程度抜ければ乾かしやすくもなります。

 ・乾かす
液体をこぼした後、2~3日は乾かした状態で放置する事をおすすめします。
その間、ついつい試したくなるのが『電源入るかな・・・』といった感じで、電源を入れてしまいがちです。
が、絶対に電源を入れない事。乾ききっていない状態で通電すると全てが水の泡です。
また、こぼした液体の種類によっては乾いても問題があります。
例えば砂糖入りのコーヒーをこぼし、液体が基盤に届いてしまっていた場合は、まず復旧する事はありません。
糖分を含むと乾きにくく、乾いたとしても残った糖分が基盤に悪影響を与えます。
この場合は一刻を争いますので、乾かす以前にすぐに担当者や業者に連絡しましょう。

・担当者へ連絡
会社であれば上司やパソコン部門の人間に連絡しましょう。個人であれば知っている業者に連絡し、対応を依頼します。
自身の過失になるので誰かに伝えるのは億劫になりがちですが、しかるべき人に対応してもらうのがベストです。
これ以上自身で何かを実施すると、二次トラブルに繋がる恐れがありますので、間違っても電源を改めて入れ直す、自分で中を開けて拭き取るなどの作業は控えます。

自身で対応する内容はここまでになります。

私が企業様内でトラブル対応をしていた際に、お茶こぼしを発生させてしまったお客様は多数いらっしゃいました。
上記対応を実施した場合の復旧率は半々でしたので、こぼしてすぐに諦めるのではなく、一度上記対応で様子を見ましょう。